ツトムくんの変化

夫はどんな人間か?というと

なんとなく体の変化が、ツワリっぽくて、敏感になってる時に、面白くて、冗談で、

「本当に妊娠してたら、一緒に育ててくれる?」

と聞いた。(生理が終わったばっかでさ、妊娠するような出来事が彼とは全くなかったから。)

 

すると彼は

「もちろん、だって僕の子だもん。」

 

 

イヤイヤ、馬鹿なのか?

 

普通は自分に心当たりがなければ、妻の浮気を疑うだろうよ。ってか、疑えって。

 

と言っても、「絶対、僕の子。」と聞かない。

 

うむ。きっと馬鹿なんだろう。

が、まぁいいや、楽しい。

そういう細かいとこ、気にしないのが。

やっぱり最高だな、と再確認。

 

 

そんな彼が今、変化している。

 

今朝、はっきりと自分の気持ちを口にしたのだ。

今、というタイミングで。

 

あんまりなかった。

後から聞く、はある。

でも、今思ったことを、今、ぶつけてきた。

 

面白くなくてぷいってなる私なんだけど、あまりの変化に感動も感じる。

 

『自己表現は直接、人の生命力を表します。

自己表現とは命の表現であり、表現されなければ命を生きていることにはなりません。

自己表現には、個体がその存在を外界に知らせる全ての方法が含まれます。

生きたカラダがあるから世界に存在するのであり、これはカラダの機能です。

ですから空想や思考が十分な自己表現の形になるためには、発声、動き、目つきなどで身体化する必要があります。』

あの本の抜粋。

これを思い出した。

 

 

そして、この波に乗りたい!と思っているわたし。

この波に、この変化に 乗る勇気さえ、わたしにあれば、どんどん変わっていける。

 

いま、そういう瞬間だ。

 

説明会後の久しぶりの観察日記。

 

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です