決してカラダは忘れない、のだな

平和だなぁ、と感じ入ってるそばから、それはひっくり返るのだ、ということを私たちは知っている。

特に院長。

もうね、毎回このパターン。でも、しょうがないのだ。

何かが大きく成長していく時、特に複数人のチームだと、それぞれがお互いに関わり、巻き込まれる。

で、毒を吐きながら、それが自分だと痛感して次へ進んでいく。

 

今回の発端はなんて事のない、忘年会、の話。

平和じゃないか!

院長が私たちを労おうと、スケジュール調整。

 

今年はどこいくの?

最近行ってない、『小林食堂』 なんてどうかな?

 

この、『小林食堂』で、わたしの中に眠る恨みが突然目を覚ました。

ザックリいうと、昔この小林食堂が原因で、ものすごく傷つけられた、というエピソードがあって。その時も大ゲンカ。当日のキャンセル。わたしが彼らを小林食堂で労うことは、その年からなくなった。

 

自分でも、驚くほどの火のつき方で、久しぶりに怒った。その話は松本くんがいた頃の話。もう5年以上の話、なのに。

 

驚いたし、呆れたね。

でも、今それが課題ならやるしかない。

 

このチームの循環を大きくする、企画?がスタートした時も、「わたしの中の忘れられてた恨み」を発見したのがきっかけだった。それで、ブロックが外れて大きく回り出した。そして今回も。

副院長の恨みパート2、だな。

だから、やるしかない。

だって、この向こう側にお金の匂いがするんだもん。

わたしの大好きなお金の匂い。

わたしのブロックを外す、が新しい景色を観るスタートになる、ってわかってる。

だから、やります。

マゾでも何でもない。

面白いことがあるってわかってるんだもん。

 

自分の中を掘り下げるのに、時間もパワーも、罵声を聞いてもらう相手も必要で。ひとりでは何にもできないんですが、そこは甘えよう。

 

 

マジかー?そうなの?という発見もあり。

ここ1ヶ月くらいずっと顔の肌の調子がすこぶる悪い、が続いてた。

冷えか?水分か?なんだ?

と謎だったのが、これでようやくわかった。

 

この恨み、だったみたい。

 

小林食堂発言、があって、向き合う覚悟をしてから、頬の感じが変わった、から。

普通に戻った。

昨日までは、ガサガサしてお父さんのヒゲみたいな感触の口周りだったから。

この、恨みパート2を思い出すことを、カラダは待ってたんだ、1ヶ月も前から。

 

わかんないよー!!

 

わたしは異様に眠くて、話なんかできないし、

院長は左目が真っ赤になって、今熱が出始めました。

合戦に向けて一時休戦。

ふたりとも体調をワンランクあげなきゃいけないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です