なんか信用できるもの

わたしは物凄い運動オンチです。

見た目はすごくできそうなんですが、びっくりするほど、ない。運動センス。

バレエ教室のジュニアたちは、特に踊れる子はわたしから見たら、プロと変わらないぐらい動ける子達です。すごいなぁ。

発表会も終わり、毎年恒例のクリスマス会に向けてみんな本気で準備してます。

プチスタジオで、レッスンが始まる前にストレッチしていると、ジュニアの子がふたり衣装を取りにきました。

プチスタは天井が高く、ロフトがあって、衣装やカツラが置いてあります。

けど、はしごがないんです。

ふたりは高校1年生と中学3年生くらい。

ふたりはめんどくさがって、(ハシゴを探すのを)

小さい方が、大きい子の肩に乗って、腕を伸ばしてヘリにつかまって、よじ登れるよね?

みたいな算段をし始めました。

まじ?

いやいや、どう見ても、足りないんです。背丈が。

まず、大きい子の肩に乗るのに、レッスン用のバーによじ登るんですが、ミシミシとめっちゃ弓なりにしなってる。

こわい。

何度かチャレンジ。でも、難しい。

 

イス、持ってこようか?

大丈夫です、とふたり。

でもやっぱり難しい。

 

そこで、わたしが

机、持ってきて、その上にイス乗っけたらどう?

と、提案。

 

そしたら、大きい子の方が

「え〜、そっちの方が怖くないですか?」

って言ったんです。

 

自分の肩に小さい方を乗せて、登らせる方がよっぽど信用できる、と。ってことなんだと思う。

 

ほー。

 

なんか、グッときたんです。このセリフに。

 

本当に、自分のカラダ、信用してるんだって。

わたしのカラダなら大丈夫ですから、って。

小さい方の子のことも、こいつならできるって信用できてる。

毎日のレッスン。

自分の動き、カラダの可能性。

一緒に踊ってる仲間のカラダのことも見て知ってる、感じてる。

 

誰かに言われたから、教えられたから、じゃなくて

自分のカラダで学んだ感覚。自分のカラダを知ってる。

 

で、その時に

「わたしもかつてはそうだったなー」って思った。

なんか、懐かしい感じだった。

あんなに運動できなかったのに。

自分の体に対する身の丈の信頼があったんだ。

 

あまりに不意をつかれた言葉で。

なんかいいな、と思って。

 

 

あんなまっすぐに信用されたら、気持ちいいだろうな。

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です