さかなとビースト うっとり

福島の、アクアマリンふくしまに行ってきました。

テオヤンセンの動く彫刻作品を観るためです。

彼が大好きになりました。作っているものが私の好きな動きをするからです。

沖縄の美ら海水族館でジンベイザメを見たとき。

マナティーを見たとき。

大きいものがゆったりと動いていく様が、気持ちいい。

今回も、仮面シーラカンス?をビビりながら見ている時も、アロワナを見つけた時も。

イワシの大群、最高でした。

きんぎょ、美しかった。気持ち悪かった。

見ていて、最高に気持ちよかった。

 

こんなに好きなのはなんでなんだろう。

前世はさかなだったのかもと、思います。

アロワナを初めて見たとき、動揺して、動けなかった。

 

テオヤンセンのビーストと大きいさかなやマナティーは同じ匂いがする。

 

テオに感動したのは、世界の作り込み。その世界でビーストは確実に進化を遂げていて、昔、福井の恐竜博物館でみた展示を思い出して興奮しました。魚類からどう進化したか?というやつ。まず顎を得て、食う食われるに分かれたとかって。必死でメモした!

触れる側ではなく、作る側としての神経や筋肉の解釈の仕方が、ワクワクする。

うまく説明できないけど、2進法?を“3人の嘘つきの原理”って説明してた。 プラスチックチューブとペットボトルと空気で、神経ってものをビーストの体に作ってた。

ハー。

きゅん、としました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です