降参のタイミング

仙骨が痛い。抜けそうに痛い。ちきしょう。

右肩上がりなんてないな、とつくづく思う。

前回の記事の時ぐらいは、カラダ実験、自分に向き合うの、一番いい時期。

楽しいし、やる気もあるし前向きだ。けど必ず、こういう時期がくる。このちぇっ、とふてくされに似た時期。たまに絶望的にもなる。

カラダを変えようとする時、いつもこうなる。 螺旋状にぐるぐると。同じことを繰り返してるような。全く変わっていかない、不安。変わらないし、先が見えないし、結果が出ない時期。
だから、けっこうめげる

こんなにしてんのに。全然応えてくれない。アレルギーで肌が荒れたときも、股関節のときも、職場のチームづくりだって、いつもこうだ。

今の気持ちは
悲しい、情けない、新しいことへの怖さからの逃走

これがわかっても、何も変わらない。(っていう時期)

何もアイデアも何も思いつかないし。どん詰まり感。また同じことを繰り返すのか、絶望。何をしたらいいのか、全くわかんない。

昔、アレルギーと毎晩半身浴で向き合っていた時、またくるお岩さんのようになる日(まぶたが腫れて真っ赤になるを3日に一回繰り返す)が、絶望だった。なんで?こんなにもしてるのに、なんで?なんで?

辛くて泣いた。で、あまりにも辛くて、繰り返すからなんか笑けてきた。

6ヶ月かかったけど。

その時もそうだった、諦めて降参して、全てカラダのいいなりになる。

もうわかったよ、好きにしてください。もう無理、疲れた。と

この、降参まで行くのに、私はどうしても時間がかかる。

わかっていても、降参、の文字が出るまで気がつかない。

勝ちたい、支配したい、そう強く思ってるんだな。

それが私か。

 

そして今日、どうしよう。何もしたくない、けど、寝ていたくもない。

決断できない、から流れをみてみる。

ツトムくんにメール、今日の彼の帰りの時間が早ければ、バレエはなしだ。早く甘えたい。遅いなら、家にいて彼を待つと、不機嫌になって喧嘩になるのが目に見える。だから、バレエに行こう。

そして、今日は8時過ぎ、との返信。

よし、今日は踊る。温めよう。

愛でる感じだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です