ふてくされのカラダ

前回の続き。

バレエに行ってみました。行ってびっくり。

よかった。楽しかった。幸せで満ちたりた。

踊りながら、全身の骨や自分の感じを確認しながら、伸びやかにしなやかに、力強く、会話をする。

そこに行ったら、ただただ先生の言葉、声に集中するのみ。

それが一番気持ちいいから。

そこに20人の生徒がいても、私にとっては先生と私の時間。

…違うな、私と私の身体だけの時間。でも私がカラダのことを自覚できてないから、先生が言う言葉が唯一の道しるべ。
肩!くび!お腹!つまさき!力抜いて!呼吸! などなど。
先生の言葉に集中していくと、自分のカラダに耳をすませられる、距離が縮む。

カラダと汗だくになるまで、とにかく遊ぶととても幸せなんです、心が満ち足りる。自分をわかってもらえて信用してもらえた、という気持ちが溢れる。

 

仙骨が痛いのは、筋力低下、ただの。

ただのじゃないな。愛情不足による、大変な危機的状態の筋力低下だ。

私は自分だけではカラダのことがわからない。会話ができない。だからバレエが必要。バレエが言葉、道具。

 

何をしているときよりも、とても幸せで満ちたりた気持ちになる、バレエ後。

最近、いろいろあって、疲れてサボってて。いい加減、寂しくなったんだね。

だから悲しい、情けない気持ちだったんだ。私が。ずっと。

カラダの気持ちだったのか。ただの私のカラダのふてくされだった。

いやいや、可愛い不器用なふてくされでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です