玄関の大掃除 と妄想

うちの院では、誰かの調子が悪いと電化製品が仕事をしなくなります。

洗濯機の排水問題、乾燥機の故障などなど。

1番はデルちゃん。受付のコンピューターです。

この前はキタミーでした。キタミーが座ると動かなくなる。でも、永田くんの言うことは聞く。

だいたいデルちゃんの時は、院長か、キタミーではないかと、にらんでいます。あと、ものすごく感情的です。以前、ものすごく院長に腹を立てた時、デルちゃんが動かなくなって、やばい、と思って、外へ行きました。それ以来、デルちゃんは感情に敏感と、密かに思っています。

そんな風に、今を観察するのが、流れを観察するのが好きです。

デルちゃんはやっぱりブレインだから、脳みそかな、とか。洗濯機は大腸かなとか。この院にとって。

 

カラダにとって、痛みでさえ何か大切なものなんじゃないか?と肯定的な、必要なものという目線。カラダの声は絶対だ、意味がある。と確信したときに、トレーニングとして始めたんです。流れを読む練習を。

極端な方がわたしにはわかりやすい、から痛みでさえ意味があるなら、全て意味がある。ならば、起きている全ての物事に絶対意味があるはずだ!と。

なら、これは?あれにはどんな意味があるんだろう?とか。

どうしても習慣で、痛みって悪いものとして考えちゃうし、意味があるって言っても、カラダが何が言いたいかまだ全くわからなかったから。だから、トレーニング。

 

だから電化製品の不具合とかも、可能性を考えて妄想してみるんです。

 

で、今日はなんだか、どうしても、玄関を掃除したくて。院の。初めてでした。

デッキブラシとバケツを使ってシャカシャカと。すっごく汚かったからどんどん綺麗になって気持ちいい。たまらない。

で、ふと思ったんです。

自宅でも、玄関を綺麗にして、職場でも玄関。なんでだろう?

もうひとつ、今日絶対したかったこと、新しい下着を買うことでした。昨日からどうしても欲しくて、新しいパンツ。絶対今日買いに行こうと。

 

この流れをわたし的に整理。

玄関は...院の、局部?なのか?

なのかも、な    そうかも、な。

大事にしようっと。

 

 

 

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です