いち流産体験 はじめ

忘れないうちに書いちまおう。

そうそう、ちょうどこの時期ぐらいに、トントンは出てくる予定でした。

11月の半ばぐらい。心拍が確認できず、流産が決まり、ひとしきり泣いて、落ち着いて、いつ出てくるのか?という時に、流産について何も知らなくて不安だった。

どうなるんだろう?

後日、義妹のかづきに聞いたら、彼女はたしかに布団血まみれになった、って言ってた。でも、それぐらいだったらしい。

私はとにかく大変でした。死んじゃうな、って思ったし、正直、こんな思いするならもう、赤ちゃんなんていらねぇ、って思った。びっくりしたよね、自分に。素直に、こんな苦労するならいらん、って思った。
甘く優しい母親像をイメージしてたけど、かけ離れてたね、実際の私は。そして笑えました。

そんな根性のない弱っちい、のがポンっとでてきて、認めるしかない状況で。逆によかった。笑えたし、根性がないのも素直に私だわ、と思った。しょうがない、だってやっぱりやだもん、って。

4日にかけてのこの体験の喜劇を、何回かに分けて、記録します。

うんちさんとか、いろいろ汚いシーンも出てきます。
苦手な方は、おすすめできません。あしあらず。

懐かしいなぁ。

 

2 Comments

  1. いやいや、先生は根性あるよ!☀
    乗り越えたんだし❗
    根性なかったら、いつも笑顔でいられないよ!
    大丈夫‼(o^-^o)👍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です