世界は思ってるより優しかった2

前回の続きです。

明日は休みだけど、いつも通りに起きて院にいかなきゃ行けない。だから早く寝なきゃ。

でも、左の肩が痛い。左脚もなんか疼く。寝れへん!

そして当日も、まだ寝れる夫を踏みながら、行きたくないよー、行きたくないよー。眠りたいよー。行きたくないよー。

ならば、もう断ろう、と何度も思った。けどなぜか今回は、頑張る方を選んでしまった。自分を放って。

でも結局ね、頑張ったとは言え、集合時間には20分ちかく遅刻。第一段階の作業は終わってました。で、わたしの体力も、行くだけで終わり、そのままベッドへ、ゴロン。

いろいろあった。キタミーに足優しく触ってもらって、気持ちも落ち着いたし、院長も永田くんもとても頼もしく。「あー、頑張れそう。」って思ってしまった。

でも、問題勃発。緊急事態。ヤバイ、明日の営業を考えると、早急に対応しなきゃ。働かないカラダ、頭を動かし、どうしたらいいか、一番効率がいいか?

でも、20分後、難なく、問題解決。問題でもなんでもなかった。感じで。

ホッとする院長、喜ぶキタミーと永田くん。そんな場面でわたしはひとり喜べなかった。

ふざけんなよ!ふざけんなよ!だったら連絡しとけよ。わたしの貴重な体力無駄にしやがって!

わたしの心はすっかり折れて、動けない。

このやり方、今考えると、本当に意地が悪い。意地悪なわたしの子宮。でも、この意地悪がなければ、わたしは気づけなかったし、動けなかった。

キタミーに話を聞いてもらっていたら「もう休みたい」と涙が出てきた。

そのまま院長のところへ行って「ごめんなさい、帰らしてください。」

言えた。院長は怒ることもなく、「いいよ。」と言ってくれた。

予想より、優しかった。昨日頭で考えてたより、みんな優しかった。

キタミーにハグなんてされちゃってさ。泣きながら帰る。

 

下の横断歩道で、ふと、

わたしが昨日の時点、もしくは今日の朝、「今日は無理です、ごめんなさい。」と言えていたら、なんの問題も勃発することなく、うまくいったんじゃないかしら?わたしが無理に頑張ったから、カラダの声を無視したから、ゴタゴタしたんじゃないかしら?

結果はわたしは何も作業お手伝いすることなく、夫との約束もキャンセルして家に帰った。

結果、断ったのと同じくらい何もしないで、家で寝てることになった。

結果同じなら、あんな想い(心が折れてどうしようもなく、悔しいきもち)するなら、みんなのこと初めっから信用して、わたしのカラダのこと1番に考えてあげよう。バカだわたしは。

こんなにカラダカラダ言ってるくせに、バカかわたしは。とか、青空見ながらゴロンとお布団に身を投げ出せる幸せな感じとか、扇風機の風とか、ちゃんと気持ち言えて行動できた誇らしい感じとか。そんなお昼寝していたら、あることに気がつきました。

肩が痛くなくなってる、ってことに。

キタミー、肩痛くなくなったよー!

カラダってすごいぜ!

 

本当に今日はみんなありがとうございました。

もっと自分も、みんなも信用しよう、と思った。

 

 

 

 

 

2 Comments

  1. 頼りにすることも、頼りにされることも、どちらも大切だよね!☀

    自分の身体に正直になることも。🍀✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です