のどかゆい 声に出す 練習

この一連の流れ(思ってるより1 と 思ってるより2)で気がついたわたしのカラダメモ。

何かのタイミングでいつも、喉の前が痒くなる、非常に。5年くらいになる

しかも最近はかいてもかいても落ち着かない。爪をもっと立ててかけ!と求めてくる。なんか切羽詰まってる、感じ。もしかしてゴールは近いのか?と今までちょっと後回しにしてたけど、視野の中に入れることにした。のどの訴えを。

カラダには優先順位というのがあって、それはわたしに決めることができない。全ての決定権、タイミングはカラダにある。カラダが知ってる。カラダからの訴えが切羽詰まってる感が出てくると、にぶいわたしも「ありゃこれは大変だ。」とわたしに何ができるか、を探し始める。今まさに、その時。

 

喉、自分を表現するところ、そういうチャクラがあるところ。

かゆくなる、中から何かが出て行きたがっている。暴れてる。キタミーから借りた本、「病気が教えてくれる病気の治し方」この記事1この記事2に書いてます。)には、かゆくてかくのは、自分を拡張しようとしてる、カラダが。拡張は不安な時に必要な行為。不安は窮屈な時に起こる、らしい。わたしは不安でだからこそ、広がろうとしてる。

ということを踏まえて。

何か出したい感情とかあるんだと思う。

でも、わたしにはまだすぐには分からなくて、見過ごしちゃう。

だから練習として、すぐ感情には結びつけられなくても、とりあえず、ひとりごと。ひとりごという感じで、口に出してみる。

はどうかしら?  これならやれる気がする。

あ、綺麗。とか   薄っす。とか  寒いな。とか。

なんでも。休みたいとか、眠たいとか、臭いな。とか。

うん、いいぞ。

 

ありゃ、メモじゃなくなっちゃった。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です