うちの両親は最高に幸せ者です。

ある男性に「孫の顔見せるのが一番の親孝行ですよ。」と言われて正直ムカムカした、悔しくて、のを覚えてる。2年くらい前。

何が悔しかったって、何も言えなかったこと。
自分でもそう思う節があったんだろうな。

当時、夫と頑張っていた時期でもあり、作らないわけじゃなく、見せたくないわけでもなく、できない。親孝行したくないわけじゃない。のに、一番の親孝行なんて言われて、できない、したくても親孝行できないんだ、一生。というなんか情けない自分、ダメな自分が、惨めだったなぁ。

あと、どっかで、そんなのなんでお前にわかんのさ、とも。孫の顔見たことないだろう?娘は小学生だろう?なんでわかんの?それが親孝行だって。

 

ま、でも

いえ、わたしはそうは思いません。って言えなかった。
わたしが幸せなら、それが親孝行だと思う、と言えなかった。

とにかく後から後から悔しくて。

 

でね、なんで今日これを思い出したか?

よく勉強させてもらってるはるちゃんのブログに親より幸せになる、が親孝行 みたいのがあって、上手いこと言うな、って。

で、思ったんです、まー、なんて思われるから知らないけど、わたしやっぱり幸せだな、って。
毎回毎回課題だらけのわたしの日々とか、新しい発見とか、夫とか、花とか、五反田整体院、とか。ちょっとめんどくさいんですけど、退屈しないんです。楽しいの。

お父さんとお母さんは仲が悪くて、なんか不幸だな、て思ってた。
お父さんもお母さんも仕事嫌いで、なんか不幸だな、って思ってた。わたしは全然幸せだったけど。ふたりがね、私から見たら。

だから、思ってること素直に言える関係作りたいなって思ってたし、やり過ぎちゃうけどね、好きな仕事もしたかった。したいことしか、したくなかった。だって幸せになりたいもんって思ってた。

ちなみに、今ならわかるけど、父も母も仕事やだなぁ、っていながら、たぶん好き。ずっと仲が悪いけど、今はしあわあせそうです。わたしから見たら。

親の見込み通りにはなってないけど、他の兄弟と毛色はだいぶ違うけど、幸せに生きてる。

「孫の顔見せるのが一番の親孝行ですよ。」と言われた時は、言えなかったけど、今なら言える。だから、もう一度あの悔しかった一言をちゃんと思い出してみた。

 

いいえ、うちの親は幸せもんです。なんたってわたし超一生懸命自分のために生きてますから。

こんなに一生懸命に、幸せになりたくて、トライアンドエラー。うちの親は幸せよ、わたしみたいな娘がいて。

って言いたかった!

わかった〜。なんて言いたかったか。

あの時悔しかったのは、わたしが言えなくて、わたし自身がふてくされたんだ、な。

チッ、って彼のこと思ってたけど、この言葉を見つけるために、撒いてくれた種(あの悔しさが)だったと思えば、よくできてる。絶妙な言い方してた、わたしが悔しがるような。さすが、わたしの患者さん、だな。

ありがとうございました。

うちの両親は本当に幸せ者です。わたしみたいな娘がいて。
わたしみたいな幸せな娘がいて。

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です