ベランダ 夏の 発見 Discovering the summer at the veranda

そういえば、最近バラにミドリちゃんたち(アブラムシ)がいない。暑すぎるから?

若芽にも、つぼみにもいない。

時期的なものなのかな?

夏はいなくなるのかな?

わからない。とりあえずメモ。

 

ミドリちゃんだらけで、実験的に葉っぱを取り除いってしまったあのバラは、あの後程なく、根腐れして、枯れてしまった。葉っぱが土の水分を蒸発させてるみたい。その出口がないと、水を吸い上げられない、のかな。

元気な子たちはどんどん土が乾く。乾かない子たちは吸い上げてないのかな?根っこが元気ない印象。

暑くて風が吹いてる日はすごく乾く。

暑くても、風がないと案外土が乾かない。

そして元気だった子も、自分の許容範囲から暑さが過ぎはじめると、突然枯れ出す。寂しい。

ちゃんと夏向き、春向きってあるんだ、って初めて思った。観察メモ。

大きくなれよー!花、見れますように!

 

これは、ちょっと前の。

はじめ、こんなだった。

By the way, Midori – chan (aphids) are not in roses these days. Is it because it’s too hot?

I have neither buds nor buds.

Is it a periodical thing?

Will it be gone for summer?

do not know. Tentatively memo.

 

That rose, which was full of Midori and experimentally removed leaves, shortly after that, the root rotted and withered. It seems that the leaves are evaporating the moisture of the soil. I wonder if I can not suck up water without that exit.

The energetic bowl gets dryer and dryer. I wonder if you have not sucked up dry pots? Impression that root is not energetic.

It’s hot and windy day is very dry.

Even if it is hot, there is no wind and the unexpected soil does not dry.

And when the heat starts to pass from the permissible range of the flower which was well, suddenly it withers out. lonely.

I thought for the first time that it faced properly for the spring. Observed memo.

Please become big! Flowers, I hope to see you!

 

This is a while ago.

At first, it was like this.

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です