ひとつ視点がふえるときWhen one view increases

なんか面白い。

昼間、こういう感じ。

夜、暗くなると。

おもちゃを買った。ずっと気になってた。どうでもいいもの、なんだけど、気になって。とうとう買った。
思った以上に可愛いし、綺麗で、ずっとうっとりしてられる。なんか、いい。

充電型の光る奴。

休みの日、チクチク。その間に光に当てる、今日の夜、光るように。
朝光が入るのは、キッチンの窓。
わたしはベランダにしか日が当たらないと思ってたから、このおもちゃのおかげで、光の入ってくる方向を観察する視点が生まれた。

朝7:00はベランダは全く。窓からすごく入ってくる。
今10:00、窓から入ってくる。ベランダにも当たり始めた。

今までないもの、があると、今まで見たことがない視点が勝手に生まれてる。

自然に。

自分がいない間に、この部屋に、どんな風に光が入るのか、想像するようになった。

きっと11:00くらいにはベランダで、充電できるな。

ベランダの植物にもきっとその時間には光が当たり出すのか。

ふむふむ。

 

Something interesting.

I bought a toy. For long time, I was thinking to buy or not.  It’s not important things,but,it catch me always worried. At last I bought it.
Being more cute than I thought, It’s beautiful, I am always kept enthusiastic. Something good.

A rechargeable flashing guy.

On a day off, scratchy. In the meantime, hit the light, let it shine this evening.
The morning glory enters the window of the kitchen.
Because I thought that the sun only hit the balcony, this toy brought about a viewpoint to observe the direction in which light comes in.

There is a veranda at 7:00 in the morning. It comes in a lot from the window.
It’s coming in at 10 o’clock, now through the window. I also started hitting the veranda.

When there is something you never had, a viewpoint you have never seen is born without permission.

Naturally.

While I was not there, I started to imagine how the light would enter this room.

I’m sure you can charge it on the veranda around 11:00.

Will the light on the veranda’s plants surely come out at that time?

Hmph.

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です