動き出す、その前に「過去」に泣く。毒出し。

仕事の話です。職場とか仕事とか体制とか。

 

動き出した。

動き出して、とにかくひとつ、落ち着くとこまで来た。

会いたいと思った人達に話を聞くことができて、後はやるだけ。日常生活に落とし込むだけだ。

 

なのに、そのミーティングの後からずっと、喉に何か引っかかってる、感じがする。

あんまり考えないようにして、ぼーっと眺めてみる。

で、そのまま朝から久しぶりのバレエに行った。

全然動かないけど、とにかく動かした。

汗かいた。

頭で何も考えられないくらい、ヘトヘトになった。

着替えて外へ出ると、すごく気持ちがいい。

お天気だし、ヘトヘトで、ハー、と外の空気を肌で感じて、歩き出した。

 

で、

 

歩き出したら、どんどん顔が歪んでくる。

涙だった。悔し涙だ。

悔しくて悔しくて、という涙が出て来た。

これが引っかかってたんだ、喉らへんに。

昨日のミーティングで思い知ったこと。

今までやっていたこと、わたしがやっていたことは、愛じゃなかった。

全く愛じゃなかった。

ハッキリした。

ハッキリしたから、なお、悔しい。

チキショー。

いろんなことを試して来た。

でも、伝わってない時はやっぱり悔しい。

 

とにかく動き出す。その準備も整ってきた。

けど、とにかく悔しがってからだ。

 

どうりで、すごくいいミーティングだったのに、夫にどんな話ししたの?と聞かれて、うるせーな、と思ってしまった。

正直内容を言いたくなかった。

のはわたしが悔しさを消化できてなかったからなんだね。

自分のことながら、こんなに溢れるほど悔しさがあったのに、昨日は無かったことにして、話聞くのに集中しちゃうなんて、すっごい暴力だな、わたし。

ま、でも、オッケーだ。

花丸だ、わたし。とりあえず。

 

2 Comments

    1. そう、カラダって不思議。
      当たり前なんだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です