彼の幸せを考える視点

夏休み後である。永田と話してみる。

 

全然ダメだ。

彼から笑顔がなくなってはダメなのだ。

わたしも悪気がないからタチが悪い。

夏休み前は良い感じだったのに。この感じはダメだな。

 

とにかく、

わたしの価値観と全く違う。真逆だ。

このベース(わたしの価値観)を壊して臨まないとダメなんだな。ただ疲れるだけになる。

とにかく、もっと具体的に奴を観察してみよう。 

でも、ざっくりとね。

必死に。でも、適当に。ぐらいで。

 

奴は動物のように野生的だから、直感で。

だから、

わたしの方が古い視点を捨てないと対応できない。

新しい視点の直感を使わないと。

古い視点=今まで、わたしが優先してきたプロとしての仕事を身につける、できるようにする、というもの。

新しい視点=とにかく彼が幸せであるか?笑って仕事ができているか?

 

ま、とにかくやってみよう。

やって失敗して、またやって。

この繰り返しは、奴と一緒だ。

大して変わらない。

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です