わたしの胸の曇りを落とした後で

今日帰りの電車で、大好きな人に会った。

わたしの患者さん。

同じ駅に降りて、別れ際、

「ずるい〜、お母さんとお父さんに感謝しなきゃね」

わたしのほっぺに触れて笑った。

仕事帰りで疲れきってるのに、あんなに可愛く、気持ちいい風が吹くみたいに言葉を発せるなんて。なんて人なんだろう。

泣きそうになってしまった。

 

 

これはご褒美だ。

 

仕事で、決断をした。

わたしが循環を大きくする!  と院長に啖呵をきった。

動き出す。流れも良い。悪くない、が

はっきりとわたしの体力の限界が見えた。

 

体力がない。

 

循環を大きくする、の観察や実行、合いの手、のエネルギー。

そして自分の患者さんへの。

それで手一杯。あとは何もできない。

洗濯や諸々の雑務、それに使うエネルギーはない。

(ちなみに全然普段からやれてません。ここ何年もです。)

でも、まだ罪悪感があった。

でも、言葉にできなかった。

 

 

それを素直に院長に言った。

自分の中の罪悪感、素直に拾えた。

 

 

だから彼女に会えたんだと思った。

 

花マルよ、ウェルダン!と言われてるんだ、って思いました。

 

 

2 Comments

  1. へへへ。

    こういう時の、イメージは

    スペインのおばちゃんです。

    人懐っこい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です