早退けして河井寛次郎を見に行く が、、、これが今のわたし

いやはや、これはいったい何を意味してるんだろう?

と思わされる。

何故なら、全くカンジロウに行き着けない。

まず、ラストの患者さん、帰ったらすぐ着替えて、と頭で算段。

が、全く帰らない。

五反田から汐留。

新橋から歩いた方が10分早い。

地図で確認何度もしたのに、やったことすべて、真逆の結果。

こっちだと思ってたのに、そこにいきたいなら、ここは反対側だから、と言われる。うっそ!?

こっち!と思ったら、全然違う。何処ここ?

泣きそう。

早く行きたいのに!閉館しちゃう!ゆっくり見たいのに、の焦り。

ダメかも、というあきらめ。

恥ずかしながら、靴屋のお兄さんにきく。

分かりやすい説明、が裏腹に間に合わないかも。

でも、お兄さんの「あ、歩いてすぐですよ」に心底救われた。

その言葉聞きたかったよ!

これでバッチリ!イエス!ここだ!!

でもどうしても4階にたどり着けない。なぜ?

もどかしい!この上なのに!

タリーズのお姉さんにきく。

あー、パナソニックミュージアムなら隣のビルですよ、だって!

ダメだこりゃ!

この流れで思った。
これは今の私だわ。

明確に行きたい所はわかってる、のに、行けない。

ひとりだと無理。

助けてくれる人が、絶対必要。

せこく時間を稼ごうって思ったのに、結果、普通の倍時間がかかった。

30分で行けるはずが、1時間。

むー。

これはまさに今わたしが取り組んでいるプロジェクトそのものだ。

 

 

人に助けてもらえばいい。だから諦めなくて大丈夫。

焦って結果早く出したいと、倍かかる。

なかなか結果出ないことに焦りや、不安、間違ってる?みたいな、気持ちが何度かあった。今回のプロジェクトで。

あー、私が焦ると倍かかる。

承知致しました。

ならば、みんなに甘えて楽しいことだけしとこう。

ラッピングおやつにおみくじ入れるとか。

早く入れたい!

 

 

河井寛次郎の展示は、結果、見るのに30分しかなかった

けど結局、それで充分だった。

あらー。

あせる必要全くなかった。

見終わった後でコーヒー飲みながら、頭で好きなだけ妄想、

必要なことがヒュンと浮かび、必要なものにきちんと出逢う。

すべてが流れるように順調。

今日わかったこと。

焦る、焦らない、どっちを選ぼうが、どう過ごそうが、

結局必要なものには出逢えてる。

どっちを選んでも本来の私だ。

でも、こう結果が違うよ、を実感させてもらえた、日だった。

カンジロウ、ありがとう。わかりやすかったよ。

あなたの文章みたいな出来事でした。

 

とにかく、青が美しかった。

 

でも、結局これが一番だった!

 

2 Comments

  1. 行ったんですか!!!⤴

    そうそう!最後の作品、先生の作品みたいな形に色合い!👍☀✨

    僕は、土曜にマリー・ローランサン美術館に行きました🎵

    綺麗な色彩に癒されて来ました‼✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です