りんごの香りとじいちゃん

数日前からあるボケたりんご。

ひとりでボーッとしていたら、擦ってカレーに入れてしまえ!と思いついた。

 

ステキな金縛りを見ながら、皮をむきむき。

 

それは包丁を入れた瞬間

!!!!となる。

突然りんごの香りが走り抜けて、

わたしは「軽井沢のじいちゃん」を思い出してた。母方のじいちゃん。

じいちゃんはゴールデンウィークの頃は賑やかな道路の脇でりんごを売る仕事をしていたから。(冬は焼き芋屋さんでした。)

いつもりんごを食べてる時は、実家の中野市のことぐらいしか思い出さなかった。

しかも香りではなく見た目で。実家を思い出してた。

 

面白いな、って思ったのは、

りんごの香りでわたしの脳みそで、検索で引っかかるのは、

軽井沢のじいちゃんのりんごの屋台、だったこと。

 

タバコくわえながらのじいちゃん。

ちなみにタバコ吸いながら笑う姿は弟そっくり。ヤスは軽井沢のじいちゃん似。

 

りんごをしゃりしゃりする時間、すごく気持ちよかった。

初めてりんごから鼻が離せなくなった。

ずっとつけてた。

りんごの皮に、鼻を。

 

いいにおい。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です