作品を出す、スタッフを伸ばす、は大腸と同じ

便秘は「けち」の象徴って、、、知ってた、ました。

自分の作った体温とか。すっごいケチだけど。冷えてるとそうなる。

 

でも、そこに「手放す怖さ、悲しむ怖さ」が実はあった。情けないなぁ。

そんなことを、作品を売る、を考えてる時に、気がついた。

 

この子たちが傷つくようなことがあったらどうしよう。

怖い、自分を傷つけられたように。

大事にされなかったら?

壊されたら?

 

そんな気持ち  プラス  反面、

 

私より大事にされたら?

ヤキモチ妬いちゃう、嫉妬で苦しいかも。

 

とか

つまり

 

怖い。手放して後悔するのが。

 

これ、自分が作った紙ねんどの作品でも、

自分のとこのスタッフでも、

おんなじ気持ちなことに気がついた。

 

よくうちの親、外に出してくれたな、すごいわ。

 

失うのも、

評価をうけるのも、

大事にされない、傷つくのも、

活かされないのも、私より活かされるのも

全部怖い。

 

わたしにとって、職場のみんなも、紙ねんどの作品もおんなじ、だったのにも驚いた。

なんかごめん。

 

はい、わがままですよ。

 

でも、手放すしかないんで。この前の記事です。)

 

作業終わりに

 

びっくりなすばらしいお通じが。

 

大腸、カラダから

だいせいかーい!と言われた。正解です。と。

(わたし、カラダが欲してることをやると、お通じがあるんです。)

 

やらなきゃいけないことだった。

 

別に大丈夫。

私がいなくても。

奴らは奴らでそれぞれ人生がある。

幸せでも不幸でも問題ない。

奴らにしか見れない景色がある。

 

行ってこいよ、好きなとこ、好きなひと、見つけてこい!!

自分でな!

ブラボー、わたし!!

 

へそ!!

2 Comments

  1. 僕は、便通がスゴクいい!(笑)
    今日も三回☀
    便秘は、年何回か。
    それも、3日目には必ず出る!
    出るから、気持ちいい!(笑)。✨⤴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です